知りたい美容整形のこと

TOP > 美容整形 > 美容外科 > 豊胸

改良された豊胸

一昔前までの豊胸は手術で中にバッグを入れるなどしか方法がありませんでした。当時のバッグは現在のように種類も少なく、まれに破損するという事故もありました。しかし、時間と共に大幅に改良されました。

現在ではたくさんの方法があるため、自分で好きな方法を選ぶ事もできます。バッグも改良され破損しても安全な物もあります。

また、切開しないで行なう豊胸も人気があります。

プチ整形は半永久的に効果を持続する事ができない場合が多いですが、安全性に関しては非常に優れています。なので、プチ整形で豊胸されて満足している方も多いようです。

豊胸術の方法の一つである脂肪注入

美容整形と聞くと、バストを大きくする施術がある事は多くの人が知っているようです。しかしながら、具体的な豊胸術の内容に関しては、知らない人も多いようです。その方法については、一つの方法は吸引した脂肪を胸に移植する方法です。

脂肪注入をすることで自然な触り心地が期待できますので、新たな技術として注目がされています。そのほかの方法としては、気軽にできるヒアルロン酸の注入や、大きくバストアップができるシリコンバックの挿入する方法があります。担当の先生とじっくりカウンセリングを行い、決めていくようにしましょう。

脂肪注入で実現可能な豊胸

時代が変わっても、美への関心は変わらないようで、バストアップへのニーズは高いようです。そうしたなかでさまざまな方法で、バストアップを試みますが、なかなかうまくいかないようです。そのような際おすすめなのが、美容整形の一つである脂肪注入での豊胸術になります。

この方法の大きな特徴としては、身体の脂肪を吸引することでバストに移植することができます。自分の脂肪を使用することから、アレルギー反応などがなく安全性が高い施術方法になります。また、仕上がりに関しても自然ですので、誰にもばれたくないような人には、適している施術方法だと言えるでしょう。

豊胸手術では色々な人が悩みを相談

胸の大きい人になりたいなど、単純な気持ちを持って美容整形を希望している方もいます。脂肪注入による豊胸手術も増加しているので、あまり難しい美容整形を行わなくても、胸を大きくできると思っているためです。

これまで胸の悩みを抱えていた人にとって、豊胸手術は人生を変えるきっかけになるでしょう。同時に、整形を経験していくことで、新しい方法で自分の体を変えられると判断できます。整形手術を行っていく場合には、とにかく悩みという部分をしっかり相談すること、更には美容に関連する悩みと解決方法を紹介してもらえるように話してください。

豊胸手術では注入量が大事

脂肪注入の際には、なるべく脂肪をどれくらい注入したほうがいいのか、医師の方と相談してください。シリコンを入れる際には、どれくらいの注入量がいいのか先に相談して、美容整形を実際に受けられますが、脂肪注入の場合は脂肪吸引で取り除いた量によって考えます。

200t程度であれば、どのような脂肪吸引を行っても、脂肪の注入は可能です。ただ、大きな胸にしたいと思っている人は、かなり多くの脂肪を取り除く必要がありますので、希望している注入量が得られない恐れもあります。そのため豊胸手術を行う際、脂肪の注入量について相談するケースもあります。

豊胸手術を受けるならどの施術がいいの?

一口に豊胸手術といってもその美容整形の中身はそれぞれです。では一体どういった施術があるのでしょうか?まず一昔前までは主流といってもよかったシリコンパック注入、こちらはその名の通りシリコンでできたパックを胸に入れて大きさを整えるものでした。

最近ではこちらよりも脂肪注入と呼ばれる施術がメインになってきています。こちらは自分の体の中にある脂肪を移動させることによって胸を大きくする施術であり、アレルギー反応などが出にくいという点が非常に良い点です。VASERと呼ばれるさらに進化したより優れた、技術もあります。

美容整形で行える豊胸手術

誰だってスタイルを良く維持したいと思っていることと思うでしょう。ですが、なかなかむずかしいのが現実です。特にバストを大きくする事は簡単にはできませんので、苦労をしているような人も多いでしょう。

美容整形でおこなえる豊胸手術では、脂肪吸引した脂肪をバストに脂肪注入したり、ヒアルロン酸を注入したり、シリコンバックを挿入したりなどの方法があります。自然な形でできる施術方法もありますので、自由に選択することができます。美容外科によっては豊胸手術で多くの評価を得ているところもありますので、そのような場所で施術を受けるようにしましょう。

豊胸関連