知りたい美容整形のこと

脂肪吸引ならvaserで決まり

美容外科で脂肪吸引術を受けるなら、特殊な超音波を使用する施術がいいでしょう。超音波はvaserといい、特別な器具を使用します。比較的異物が少なく、滑らかな脂肪を吸引できるため、豊胸術に利用されることがあります。吸引した部位の皮膚は引き締められるので、かなりの痩身効果があります。

細い体型の人も効果を実感しやすく、シルエットが格段に美しくなります。施術して約1週間で抜糸をし、その後数回通院する必要があります。効果が高い割には、通院回数が少なく済むので負担が少ないといえます。腫れ、出血、痛みも少なく抑えられる施術です。

脂肪吸引の一つの手段であるvaser

最近では、コマーシャルや広告で美容外科の物をよく見かけるようになりました。日本でも、美容整形への心理的な抵抗が昔よりも薄れてきている傾向であると言えます。中でも、脂肪吸引という整形術とvaserという機械が、痩身術に興味があったりダイエットで失敗したりしている人の間でも話題になっています。

このvaserは、脂肪吸引の中でも、より高価なものとなっていますが、通常の手法と異なり、超音波を効果的に使用し、取り出そうとしている脂肪を一度溶かして柔らかくしてから取り出すことが可能なため、身体への負担が軽くなり、取り残してしまう確立が減ると言われています。

部分痩せならvaserの脂肪吸引でスッキリ

美容外科で行われているvaserの脂肪吸引は部分やせが簡単におこなえる施術法です。長い期間ダイエットに励んできたにも関わらず、結果が伴わなかったり、すぐにリバウンドをおこしてしまう人にうってつけの施術法と言えるでしょう。

痩せたい体の部分から皮下脂肪だけを抜き取ることができ、また脂肪細胞も同時に取り除けるため、再び脂肪がつきにくい状態にすることが可能となります。人によっては一ヶ所、もしくは複数箇所になるかもしれませんが、体に負担をかけずに一度に吸引できる脂肪の量がきまっているため、最も痩せたいとする部位を予め決めておくことも必要です。

脂肪吸引vaserなら誰でも受けることができる

美容外科で最近人気がある脂肪吸引の施術の一つにvaserというものがあります。こちらは今までは脂肪そのものを取り除いていたのですが、脂肪の細胞そのものを取り覗いているものです。細胞だけを取り除くことになったことによって今まではメスで切り開いて取り除いていたものを注射器だけで施術が済むようになりました。

メスを入れる部分を減ることができるというのはそれだけ体への負担も軽くすることができるということです。今まで全身麻酔を利用するこちらの施術はどうしても体への負担が大きかったのですが少しずつ体への負担を軽くすることができるようになっています。