知りたい美容整形のこと

脂肪吸引はメジャーな美容整形のうちの一つ

美容整形は少しずつ浸透しつつあり現在ではたくさんの利用者を獲得するまでになりました。美容整形は顔をきれいに整えるだけではありません。実は全身のスタイルを整えるための美容整形もあります。

その一つが脂肪吸引になります。脂肪吸引は世界中のたくさんの国で行われているメジャーな美容整形のうちの一つです。脂肪吸引はダイエットを行うのとは大きく違う点があります。

ダイエットを行うと、ただ全体的に痩せるという感じですが、脂肪吸引は理想的なスタイルを作り出す事ができます。痩せたいなと思う部分だけに施術を行う事ができるので、体型を作り出す事ができます。

体重に関係なく見た目をよくするという感じでしょう。

脂肪吸引の施術後

脂肪吸引の施術を行ってから、手術前の元の日常生活に戻るまでの時間のことをダウンタイムと言います。

脂肪吸引の施術後は、内出血や腫れ、筋肉痛のような痛みを伴うことが多くあり、それが治まるまでには2〜3か月ほどの期間が必要です。 ダウンタイムは個人差もありますが、部位や量によっても差が出てきます。

脂肪吸引の手術後は医師の指示に従い、手術部位をコルセットやガードルなどで圧迫固定しておくことが、日常生活を早く取り戻すためには大切なことです。

またシャワーや入浴、運動などを始める時期もきちんと確認し、守るようにすることが大事です。

脂肪吸引と豊胸手術と最新技術

昔は美容整形、豊胸手術というとシリコンパックなどを入れて大きさや形を整えるというイメージが強かったですが、最近では脂肪吸引による施術が一般的なのです。シリコンパックですと形や大きさは自由に選ぶことができますが、シリコンが体質的に合わないという人は受けることができなかったことと、シリコンという性質上破裂してしまったり、中で破れてしまったりというトラブルが多かったのです。

しかし脂肪吸引による施術でしたら自分の体内に合った物質を動かすだけですのでアレルギー反応が起きるということがありませんし、途中で破れたりする心配もありません。

脂肪吸引による豊胸手術で気を付けること

脂肪吸引による豊胸手術はまさに一石二鳥と呼べる施術で、痩せることもできますし、胸を大きくすることもできます。しかしどちらの施術も美容整形の中でも体への負担が大きな施術になっており、15分程度で完了する部分的な美容整形とかかる時間も費用も大きさが違います。

ではどういった点に気を付けておけばいいのでしょうか?まず脂肪吸引をすると、次の日激しい筋肉痛のような痛みを発症することがあるそうです。それに加えて胸の腫れや痛みにも耐えなければならないので、施術後1週間は予定を入れるのを控えるようにしましょう。ゆっくり過ごすことが大切です。

脂肪吸引と豊胸手術を同時に受ける様な場合の費用

脂肪吸引で得た脂肪を豊胸に利用するような手術の場合、費用は少し高額になります。その理由は高度な技術を必要とすることと、麻酔中毒などの合併症予防の費用がかかるためです。また、脂肪を吸引する量などによっても異なります。

そうはいっても同時に夢をかなえることができるとなればやってみたいと思うのも普通です。自らの脂肪ですので比較的安心できる手術となります。どうしても自由診療でものあり、高額の費用になるので支払いなどもよく考えて施術を計画することが大切です。

一般社団法人 大阪府医師会

〒543-8935
大阪府大阪市天王寺区上本町2丁目 1番22号

大阪府医師会館

大阪市営地下鉄谷町線谷町6丁目駅下車(南3番出口)

http://www.osaka.med.or.jp/

公益社団法人 東京都医師会

〒101-8328 東京都千代田区神田駿河台2-5 TEL:03-3294-8821

https://www.tokyo.med.or.jp/